窓からの景色が疲れを癒してくれる

部屋

昭和の高度成長期時代、地震大国の日本では高層階ビルを建てること相当難しいものとされて来ました。それが技術革新が進んだ今、世界の国々に引けを取らない高層ビルが建つようになっています。土地が狭い日本にとっては、高層階の建物が出来ることで人が集約出来ることに繋がり、大きなメリットを生むまでになっています。そして高層ビル建設が進むと共に、タワーマンションと呼ばれるマンション群も現れるまでになりました。特に土地代の高い東京や大阪と言った大都市圏での普及が多いことも、土地の有効利用に繋がることになっています。この高層マンションの良さとして言われるのが、眺望が良いと言うことです。ですがこれは高層階に住むことが条件となるため、限られた人だけの良さとなってしまいます。その眺望の良さより大きなメリットを感じるのが、目立つと言うことで場所が探しやすいと言うことがあります。東京や大阪などは住所だけで住宅を探すのが面倒な街ですが、タワーマンションならば遥か遠くから存在が判るメリットが生まれます。また迷子になる心配も、低層階のマンションよりも少ないこともハッキリしています。更にタワーマンションは購入額が高いと言うことが一般的ですが、低層階の購入になるとかなりの低費用で購入出来るチャンスもあります。景色を気にすることがない人には、低層階に住むことも良い方法と考えられます。

建築技術は最高の日本

部屋

東京や大阪などではタワーマンションが乱立しているとまで言われるようになりました。ではこのタワーマンションとは、どんな建物なのかを考えてみます。決まった定義はないと考えられますが一般的所で考えると、高さが60m以上ある超が付く高層建築物と言う意見が多くみられます。更には20階以上であると言ったことも、タワーマンションの条件とされるようです。しかし19階建てのマンションでもタワーと呼ばれる所も多く、この定義を強く推し進める理由はないようです。つまり周辺にある建物から比べると、かなり高い建物をタワーと表現すると考えることで、話は収まるものと考えられます。タワーマンションに対し建築基準は相当厳しいものとなっており、特に地震に対する構造強度は、群を抜く厳しさも求められています。その厳しい基準の中、パーティールームが用意されたゲストのための宿泊ルームが用意されるなど、暮らす人たちへの配慮も十分に行われているのが現実です。